Latest Version

Enscapeの新機能をチェック

バージョン 3.4 - さまざまな連携が可能なデザイン

新機能

Enscape 3.4では、既存機能のアップデートに
より、デザインのさらなる向上とワークフローの効率化を実現します。
カスタムアセットライブラリに独自のカテゴリを作成したり、ビューの太陽の位置を保存して簡単に編集したり、反射の改善新しいインテリアアセットとマテリアルでデザインシーンをより豊かにします。

カスタム アセット ライブラリの分類

新たに登場したカテゴリー機能で、インポートしたカスタム アセットを整理し
構造化しましょう。ビューを新たに作成する必要がなくなるので、時間を節約
できます。

Enscape の太陽の位置をビューに保存

時間をかけ、労力を費やして設定した太陽の位置を再利用したいと思ったことは
ありませんか?今回、太陽の位置をビューに保存できるようになったことで、同じ自然光の条件下での画像の再現が容易になります。

ビューのアップデート

保存済みの既存のビューでカメラの微調整と太陽の位置の機能を利用できます。
この機能を使うことで、調整のたびに新しいビューを作成する必要がなくなり
時間を節約できます。

インテリア デザインのアセットとマテリアル

210 の新規アセット52 の新規マテリアルの活用で、インテリア プロジェクトが生き生きとします。様々な種類のアセット(家の備品や電気器具、調度品など)やマテリアル(壁紙、木材、タイルなど)から選択できます。

反射の改良

改良された鏡面反射効果のあるビジュアライゼーションを作成できます。窓や鏡の反射を、より複雑かつ精緻に表現します。

Enscape 3.4 のメリット

Enscape の新機能で、驚くほどリアルなレンダリングを作成して、クオリティの高いデザインを実現できます。

カスタム アセット ライブラリの分類

  • カスタム アセットを独自の基準で分類できるので、さらに管理しやすくなります
  • 延々とスクロールすることなく、数クリックで使いたいアセットを見つけられます

Enscapeの太陽の位置をビューに保存

  • 新しいスライダー制御と入力フィールドを使用して、太陽の位置をより正確に調整します
  • 自然光に最終調整を手軽に追加し、各ビューへの関連付けを行えます

ビューのアップデート

  • ビューを新たに作成する必要がなくなるので、時間を節約できます

インテリア デザイン - 住宅

  • 適切なアセットを使用することで、インテリア空間の機能性を
    評価できます
  • インテリア プロジェクト用のマテリアルをオンラインで探す時間を節約
    できます

反射の改良

  • シーンの設計で従来よりも精緻な反射を表現できます
  • リアルに表現されたビジュアライゼーションにより、クライアントの関心を引き、仕事の獲得につなげます

Enscape3.4 のチュートリアル

Enscape3.4 の強化された機能を利用して、ビジュアライゼーションのクオリティを
高め、設計ワークフローを効率化する方法をご確認いただけます。
tutorial-enscape-3.4

その他の機能

Enscape 3.4 Archicad 26 に対応しています。また、中国語(簡体字)でも利用できるようになりました。今回のアップデートの詳細については、Enscape 3.4 ブログ記事をご覧ください。