驚くほどリアルな世界を体験する

あらゆるシーンでデザイン シミュレーションを

リアルタイム ウォークスルー

Enscape のリアルタイム テクノロジーにより、プロジェクトは完全にレンダリングされた 3D ウォークスルーとしてビジュアライズされ、1 日のどの時間帯においてもあらゆる角度からナビゲートし、探索することが可能になります。ご利用の CAD プログラムと Enscape 間のライブ リンクにより、プランに対する更新をすぐに確認することができます。NVIDIA ディープ ラーニング スーパー サンプリング機能を使用して、より高度なウォークスルーを実現しています。ご利用のワークフローに Enscape を追加して、クリエイティブな時間を充実させましょう。

仮想現実により、臨場感にあふれたリアルなデザインを検討できます。Oculus Rift S や HTC Vive などの VR ヘッドセットを接続してプロジェクトを歩き回ったり、上から見たりすることができます。その体験は信じられないほど素晴らしいものです。

エクスポート機能

Enscape には、誰とでも共有・コラボレーションするための様々なオプションが用意されています。デザイン チームやクライアント、その他の関係者は、3D にレンダリングされたデザインを簡単に確認することができます。

お気に入りビューを作成したら、高解像度の画像をまとめてエクスポートできます。

パノラマを共有してグループ化することで、より良いプレゼンテーションを行うことができます。

プロジェクトのウォークスルー動画をすぐに作成できます。

完全にレンダリングされた実行ファイル(Exe ファイル)、または Web スタンドアロンとしてデザインを共有できます。

お気に入りビューを作成したら、高解像度の画像をまとめてエクスポートできます。

パノラマを共有してグループ化することで、より良いプレゼンテーションを行うことができます。

プロジェクトのウォークスルー動画をすぐに作成できます。

完全にレンダリングされた実行ファイル(Exe ファイル)、または Web スタンドアロンとしてデザインを共有できます。

背景が透明な画像をレンダリングし、適切な背景を簡単に追加することができます。

環境設定

Enscape で雲の設定を利用すると、雲の密度や変化を調整してシーンの環境や雰囲気を完成させることができます。 パラメーターを編集すると、レンダリングの明度や雲の厚みが調整されます。 時刻を変えると、Enscape の空で雲が動的に変わる様子を表すことができます。

環境設定

時刻

様々な時刻での昼光シミュレーションができます。また、夜間の照明器具の明るさもシミュレーションできます。世界中のどの都市でも、どの時刻でも、場所を設定すれば昼光環境を確認することができます。

環境設定

画像エフェクト

シーンのシネマティック ビューと雰囲気は、画像の設定で調整できます。プロ仕様の DSLR カメラで撮影したような見た目にすることも可能です。ブルーム効果やレンズ フレアの彩度を調整して、特定の細部を強調したり、画像全体を明るくしたりできます。

環境設定

照明ビュー

モデルの照明を分析するには、照明ビューを有効にします。これにより、各サーフェスの照度(ルクス)が表示されます。照明ビューを有効にして時刻を設定すると、その時刻において、モデルにどのような光がどのように当たっているかを確認できます。時刻によってどのくらい明るいのか、暗いのかを確認しましょう。

Before After

環境設定

フォグの質量

光線を目立たせることで、フォグがシーンに奥行き感をもたせます。ダストの飛散や濃いフォグの層をシミュレーションできます。フォグの色は、時刻によって直接影響を受け、日没時には色が濃くなります。作成したシーンで、ぜひフォグを使ってみてください。

環境設定

被写界深度

自由にピントを合わせてみましょう。この設定により、モデルのどの部分を強調するかを選ぶことができます。特定の部分を強調し、その他をぼかすことで、ダイナミックな画像を作成できます。

環境設定

ホワイト モード

マテリアルや色ではなく、建築に注目して見る場合には、ホワイト モードに切り替えます。シーンの自然な見た目を保つため、光沢やバンプなどのパラメーターは維持されますが、すべての色が白に設定されます。

Before After

ワークフロー ツール

コラボレーティブ アノテーション

新しいコラボレーティブ アノテーションの機能を使用すると、変更のリクエスト、マテリアルの提案、問題などについてプロジェクト内でイシューを直接書き込むことができます。進捗を共有し、経緯を保持できるため、チームや社外のメンバーとの継続的なコミュニケーションに役立ちます。

ワークフロー ツール

平行投影ビュー

間取り図や断面図を使わずに完成するプロジェクトはありません。多くの場合、平行投影ビューは、デザインのスコープ、サイズ、意図を示すための最も明確でシンプルな方法です。ワンクリックするだけで 3 次元のプロジェクトから 2 次元のビューを作成できます。複数のフラット視点を簡単に切り替えて、間取り図や横から見た断面図を作成することも可能です。

Before After

ワークフロー ツール

カスタム アセット

新しいカスタム アセット ライブラリでは、プロジェクトに必要なあらゆるアセットを追加できます。個別のニーズやコーポレート ブランディングの基準を満たすため、デザインでカスタム アセットを使用することができます。この機能により、特別な質感を加えたオリジナルなデザインが可能になります。

ワークフロー ツール

アセットの配置

Access the Enscape Asset Library within the rendering window. Pick, place, and edit single or multiple assets into your design scene via the Enscape rendering window. See the changes reflected live in your building model and enjoy this two-way asset placement feature.

ワークフロー ツール

サイト コンテキスト

Eliminate the lengthy processes of modeling topography and importing geometry with the Site Context mode. See what your building will look like on-site and make better decisions with real-world context added.

ワークフロー ツール

BIM 情報

BIM モードでは、必要なすべての情報をすぐにまとめて管理することができます。Enscape のウィンドウで 1 つの要素、またはグループ化した要素をクリックするだけで、有効なすべての BIM データをすぐに表示できます。または、BIM モード メニューで要素を検索すると、そのオブジェクトのインスタンスが Enscape ウィンドウでハイライトされます。

Before After

ワークフロー ツール

マテリアル

マテリアル ライブラリにあらかじめ定義されている 200 種類以上のマテリアルを利用して、さらに洗練されたデザインを作成することができます。新しいマテリアル エディタでは、マテリアルを微調整することも可能です。

アセット ライブラリ

さらに充実したアセット ライブラリを使用して、よりリアルなシーンを表現できます。コレクションの一部を見て、実際のイメージをつかんでください。

> 1932

ロードマップ

Enscape で搭載が予定されている機能について最新情報をお届けします。

3.4 - 2022 年(夏)に向けての新機能

太陽の位置の保存

太陽の位置を保存して、レンダリングを簡単に再現できるようになります。調整後の太陽の位置はビューの設定に保存されます。

ビューのアップデート

以前に作成したビューを、新しい設定でアップデートできます。わずかな変更の場合は、新しいビューを作成せずに、既存のビューをアップデートして使用できます。

カスタム アセット
ライブラリの分類

カスタム アセット ライブラリをカテゴリ別に分類し、カスタム アセットを整理、保存、構成することができます。

NVIDIA MDL エクスポート

Enscape マテリアル エディタを使用して、マテリアルを NVIDIA マテリアル定義言語(MDL)としてエクスポートすることができます。

インテリア コンテンツの拡張パッケージ

今後は、住宅をテーマとしたアセットやマテリアルを増やしていく予定です。さらに充実した新しいコンテンツをお楽しみください。

Subscribe to the Enscape Newsletter

Join over 300,000 people and get the latest news and our very best content

Try for 14 Days

No credit card required