Enscape の主要機能
紹介

リアルタイム ビジュアライゼーションは直感的な理解を促し、設計ワークフローを加速します。

リアルタイム ウォークスルー

このリアルタイム テクノロジーによって、プロジェクトは完全にレンダリングされた 3D ウォークスルーとしてビジュアライズされ、あらゆる角度からナビゲートし、探索することができます。お使いの CAD または BIM のプログラムとレンダラーとの間の双方向ジオメトリ交換機能によって、あらゆる更新をすぐにプランに反映させられます。NVIDIA のディープ ラーニング スーパー サンプリング サポート機能を使用することで、ウォークスルーの性能を向上**させることもできます。

仮想現実

圧倒的なリアリティを備えた仮想現実の中で設計構造を探検できます。Oculus Rift S や HTC Vive などの VR ヘッドセットを接続して、プロジェクトを歩き回ったり、上から眺めたりしてみましょう。その体験は信じられないほど素晴らしいものです。

ワークフロー ツール

建てる前に思い描く

サイト コンテキスト

サイト コンテキスト モードにより、トポグラフィーのモデリングやジオメトリのインポートといった時間のかかるプロセスが不要になります。現実に即したコンテキストを追加することで、建物が実際の現場でどのように見えるかを確認でき、より適切な意思決定を行えます。

テクスチャとマテリアル

アイデアを具体化する

マテリアル ライブラリ

Enscape のマテリアル ライブラリにある、事前定義済みの質の高い 200 種類以上のマテリアルをご利用ください。設計を美しく表現しながら、手間なく、あらゆるシーンをさらにリアルなものにできます。

3Dアセット コレクション

シーンに臨場感を演出

アセット ライブラリ

さらに充実したアセット ライブラリを使用して、よりリアルなシーンを表現できます。コレクションの一部を見て、実際のイメージをつかんでください。アセットは今後も追加されます。

環境設定

雰囲気を設定する

Enscape で雲の設定を利用すると、雲の密度や変化を調整してシーンの環境や雰囲気を完成させることができます。パラメーターを編集すると、レンダリングの明度や雲の厚さが変化します。時間帯を変えると、Enscape の空で雲が動的に変わる様子を表すことができます。

Clear SkyCloudy
コンポジションと照明

さまざまなスタイルでのレンダリング

ホワイト モード

マテリアルや色ではなく、建築に注目して見る場合には、ホワイト モードに切り替えます。シーンの自然な見た目を保つため、光沢やバンプなどのパラメーターは維持されますが、すべての色が白に設定されます。

エクスポート オプション

共有とコラボレーション

動画エクスポート

プロジェクトのウォークスルー動画をすぐに作成できます。

14 日間の無料トライアル

無料体験を始める

「Enscape はゲームチェンジャーです。クライアントは当社のビジョンをすぐに直感的に把握できるようになり、スケッチの主観的解釈とそこから生じる解釈の隔たり、および再設計の手間がなくなりました」。

★★★★★
Brian Comeaux
プロジェクトアーキテクト(Lake|Flato)

14 日間の無料トライアル

  • フル バージョンのライセンス
  • お支払いの詳細情報は不要
  • お客様サポート、トレーニング リソース、コミュニティ アクセス
今後の展望

Enscape のロードマップ

開発中の機能や今後の計画について

お問い合わせと役立つ情報

お困りのことはありませんか?

サポートや学習ページをご利用ください。ヒントやベスト プラクティス、そして社内エキスパートや Enscape コミュニティによる製品アドバイスが見つかります。

Enscape の詳細情報(英語)を読む